転職 未経験

未経験での転職が容易な業界は、飲食業界や、販売、サービス、建築、土木など現場で働く仕事でしょう。

事務や総務、経理、財務などは、一定期間以上の実務経験を求めるところが多いため、未経験が可能な求人案件はそう多くはありません。

また、プログラマーやSEといったIT業界、WEBデザイン、編集などのクリエイティブ業界も、実務経験やスキルを必要とするところが多いです。

薬剤師や看護師、介護士、保育士、教師、医師などの、資格を必要とする専門職は、専門学校や専門の科目のある大学に通う必要があり、長期間勉強を行なう必要があるので、未経験から転職をしようと考えるには不向きです。

営業職なども未経験から転職することは可能ではありますが、ノルマがあったり、実績を出さなければならない厳しい世界のため、よく調べずに飛び込むのは危険でしょう。

転職を考える人には、給与アップしたい、キャリアアップしたい、身につくスキルを学びたい、休暇が多く残業のない会社でゆったり働きたいなどの希望があるでしょう。

しかし、未経験から始められる転職先では学ぶことも多く、休暇が多いとは限りません。

一から教えてもらう分だけ、即戦力となる人間に比べると給与が低いかもしれません。

慣れ親しんだ業種で働くことに比べると、そうした条件は厳しいものになってきます。

未経験での転職は、そうしたデメリットがあることを把握して行なう必要があります。

このページの先頭へ