異業種を通じて学んだことをプラスに

「モンスター○○」は、いまでこそ大きく取り上げられていますが、いつの時代にも存在していました。

ただし、「大げさにしたくない」と考える人が多かったため、表面化されることが少なかったのかもしれません。

たとえば、担任教師の出身校について、陰口をたたく保護者がいるとします。

子どもたちの眼には「先生は絶対的存在!」に映っていますので、その想いを否定されて大変傷つきます。

もちろん、子どもへの指導上、なんらかの問題がある先生は望ましくありませんので、それ相当な対策が必要なのはいうまでもありません。

私が高校2~3年時の担任教師は、いったん社会に出た後、大学のⅡ部で学んだという大変な苦労人でした。

そのため、社会人経験が一度もなく、ストレートに教職に就いた人にはない、貴重な経験をされています。

たとえば、製造ラインで働くとき、体調管理を怠ると職場にも多大な迷惑を掛けてしまい、仕事そのものが成り立たなくなると聞きました。

また、進路に悩む生徒たちに対して、経営規模の大きさだけで選んではいけないという、大変貴重なアドバイスもありました。

このように具体的なアドバイスができるのは、その先生自身が異業種を通じて学んだことをプラスにしているからだと、大変なつかしく思い出しています。

このページの先頭へ