転職活動と雇用形態

転職活動をするとき、気になる条件のひとつに、正社員やパート、アルバイトなどの「雇用形態」があります。

なかには、配偶者の扶養範囲内で調整して働きたい人もいますが、一家の大黒柱的の場合は、そういうわけにはいきませんね。

求人情報の記載欄にある「年齢条件」は、原則廃止されましたが、それでも、年齢が高じるにつれて正規雇用として転職するのは難しい傾向にあります。

それとは別に、休日を利用しての単発的な仕事を希望する人もいますので、やはり、いろいろな雇用形態が必要だといえます。

問題は、雇用形態と仕事上での責任との関係です。

パートやアルバイトは責任を取らなくてもいいなど大変失礼な見方がありますが、現実はそうではなく、まっさきに解雇の対象になるのはパートやアルバイトです。

また、従業員間での上下関係も気になりますが、長年、パートで勤めて会社に貢献した人が、新卒の正社員に従わなくてはいけないという矛盾があります。

それと、パートだから、正社員だからではなく、仕事に対する心構えはその人の責任感の強さが反映されてきます。

「年功序列制」ではなく「能力主義」が定着しつつありますが、それと同時に、雇用形態の違いによる待遇面などの不平等が廃止されることを願います。

このページの先頭へ