転職の際の職務履歴書の書き方

転職の際の職務経歴書の書き方

転職するときには、履歴書とともに職務経歴書も必要です。 職務経歴書を書く時のポイントについてご紹介です。

資格については、正式名称で書いてくださいね。これは履歴書も同様です。

資格欄には、転職したい会社で必要な資格だけ書くのもいいし、あなたが今持っている資格を全部書いてもいいです。

特に、パソコンの資格は書いたほうがいいと思います。今はパソコンの時代ですからね。

有利になると思いますよ。

あなたが活かせる部分をアピールしましょう。

前職で得た知識を、貴社では○○のように活かすことができます。という感じで、自分は応用ができる機転がある所をアピールポイントにしたら、 良い印象を持たれるのではないでしょうか。

自己PRについては、熱意を持った文章で伝えることが大事です。見出しをつけたりして、面接官にあなたの熱意のある印象を植え付けましょう。

職歴について他人と差をつけるポイントがあります。

職歴を長々と書いても、面接官は只読んで流されてしまいます。

そこで、表やグラフであなたの経歴を表すのです。年表などにして、実績を上げた期間は目立つようにすればアピールできると思います。

これは、あるサイトの転職の書き方で載っていました。年表にする方はあまりいらしゃらないと思うので良い方法だと思いました。

このページの先頭へ